FAシステム活用事例

    センサから計測を行ってその計測結果を保存する電子計測器データロガーを用いて
    トレンドを作成し傾向管理を行えます。 一般的に計測の対象とされるのは、
    温度圧力電流速度歪み変位測定などの物理現象の計測です。

【実例1】温度・湿度の計測

    人間の目では確認し難い、温度湿度を数値化しわかりやすいように表示します。
    常に変化している温湿度を任意で設定した時間ごとに集計し、トレンドの作成を行うことができます。
    作成したトレンド、数値はEXCEL等の表計算ソフトにて編集が可能です。

【実例2】電力使用量の計測

    人間の目では確認し難い、電流値を数値化しわかりやすいように表示します。
    1時間ごとに集計し、トレンドの作成を行うことができます。
    表計算ソフトにて自動で”電力量”、”力率”、”最大使用量”、”最小使用量”、”1日の平均電力量
    等自動で算出することが可能です。

データの活用事例

    上下限設定値を設けることによりアラームを発生させ、異常の早期発見をできます。
    過去のデータを記録しているので、異常の発生時間の特定、
    他のデータとの照合により原因特定の迅速化につながります。
    また、省エネ対策の等の傾向管理にもご使用いただけます。
    設備導入・入れ替えなどの効果検証にも最適です。